「津軽料理遺産」について

津軽料理遺産プロジェクトは、青森県の津軽地方で培われてきた多様性のある食文化を観光コンテンツの一つとして活用し、津軽地方を訪れた観光客の方に食してもらうと同時に、地元の方に食文化が持つ価値の再確認をしていただくことを目的にスタートしました。

主に家庭を中心に作り食べ継がれている料理を対象に、青森県庁が組織した「津軽料理遺産認定・普及委員会」による審議を経て、特に後世に受け継ぎたい伝承型郷土料理としてリストアップした400種類近くの「津軽料理遺産登録暫定リスト」の中から139種類の料理を認定。一つ一つの料理が持つ物語を写真と共に紹介することで、一人でも多くの方に料理自体を知っていただき、津軽の地で食べてもらうことで後世に伝承していこうという取り組みです。

現在、標記委員会による事業成果は日本ふるさとごはん協会が受け継ぎ、コンテンツの継続運営や料理にまつわる情報発信等を実施しています。

日本ふるさとごはん協会 代表/坂本貴秀