煮物

大鰐温泉もやしの炒り煮

大鰐温泉もやしの炒り煮-01

◆料理の特長

津軽の温泉処・大鰐温泉。この地で350年以上に渡って、連綿と栽培の歴史が受け継がれてきた伝統野菜が大鰐温泉もやし。一般的なもやしの栽培は水耕栽培ですが、こちらは温泉熱と温泉水を使って栽培する土耕栽培。

もやしの種類には豆もやしとそばもやしの二種類がありますが、特に豆もやしは小八豆という地域在来種を使ったもの。門外不出のおいしさの秘密はここにあります。

大鰐温泉もやしの炒り煮-02

その特長はなんといっても、圧倒的な長さと唯一無二の歯ざわり。ザクザクと頼もしい食感の先に広がる独特の香りは、一度食べるとクセになるおいしさ。地元の方は炒めものや味噌汁の実に使うことが多く、シンプルな味付け際立つ素材の良さが、地元の誇りになっています。