鱈料理

真鱈の昆布締め

真鱈の昆布締め-02

◆料理の特長

傷むのが早い真鱈を刺身として食べる機会は少ないものですが、津軽地方では新鮮な真鱈を昆布で〆て刺身で食べています。

薄く切った真鱈の身を昆布で挟むことで、余分な水分を昆布に吸収さながら昆布の旨みが真鱈の身に移り、白い身が飴色に変化するころに食べ頃を迎えます。

淡白で上品な旨さが昆布の旨味と合わさって、更においしさが増すだけじゃなく保存性も高まる。知恵と工夫が生み出した津軽の美味です。