鱈料理

真鱈子の醤油漬

真鱈子の醤油漬

◆料理の特長

冬、丸々太ったマダラの卵巣から卵を丁寧に取り出し、これに醤油や塩、あるいはナンバ(唐辛子)や、あらめ昆布(粘りを出す昆布)、するめいかなどを混ぜて作る料理。

“真鱈子の塩辛”とも呼ばれ、作り方も家庭によって少しずつ異なる一品。もちろん、お店で食べる場合にも全てが似て否なる味。津軽の冬の食卓に欠かせない隠れた主役なのです。