鱈料理

大鰐温泉もやしと助子の煮和え

大鰐温泉もやしと助子の煮和え

◆料理の特長

魚卵好きな津軽地方。真鱈の卵巣を使う料理が多いのですが、スケソウダラの卵巣である「助子」を使った料理もしっかりと根ざしています。この煮和えも食卓に登場する機会が多い一品。

助子と合わせる「大鰐温泉もやし」は、350年以上に渡り栽培技術が受け継がれた伝統野菜。温泉水と温泉熱で栽培される昔ながらの栽培方法が、今なお数少ない生産者によって受け継がれています。

シャキシャキの歯ざわりと濃厚な味わいを持つもやしと、助子のホロホロとした食感。その組み合わせには津軽の粋が凝縮されています。