焼き物・炒めもの

かつかの田楽

かつかの田楽

◆料理の特長

“かつか”とはかじかのこと。この料理で使うのは顔が怖く大きな海かじかではなく川かじか。岩木川を泳ぐ小さなかじかを串に刺し、炙って味噌を塗りまた炙れば、パリッとした皮の歯ざわりの下に、川魚らしいホロ苦く風味豊かな味がたっぷり凝縮。

昔に比べて川を泳ぐ姿を見る機会が減っていることもあって、見かけることが少ない貴重な一品です。