和え物

かすべのとも和え

ごぼうのでんぶ

◆料理の特長

津軽地方の魚屋さんやスーパーではおなじみの“かすべ”。実はこれ、エイのことなんです。

コリコリした軟骨の歯ざわりが楽しい煮付けをはじめ、津軽では食卓に並ぶことが多い魚の一つですが、お酒のアテNo.1かもしれないのが、かすべのとも和え。

かすべのアブラ(肝)とほぐした身、そしてキャベツを混ぜ合わせ味噌で味付ければできあがり。独特の風味と肝のコクそして見た目からは想像がつかない上品な身の旨さを、キャベツのみずみずしさが際立てて、日本酒が恋しくなること間違いありません。