米料理(ごはんもの)

いなりずし

いなりずし

◆料理の特長

津軽地方で親しまれている「いなりずし」は、もち米とうるち米を混ぜて炊き、紅しょうがとたっぷりの砂糖を入れて仕上げる、赤くて甘くてもっちりした一品です。

甘くするのはもてなしの心。昔々まだ砂糖が高価だったころに、人寄せ時・ハレの時にお客様に喜んでもらおうと、できるだけ砂糖を入れて甘く仕上げた食文化が今も残っているのです。

甘辛に煮付けられた油揚げが際立てるごはんの味は、まるで和菓子のような、不思議な美味しさを持つ一品。道の駅で見かける機会も多く、ごはんの上にくるみを乗せているものもあります。