甘味

ふきどりもち

ふきどりもち

◆料理の特長

餅にきな粉をまぶした姿が、雪にまみれている姿のように見えることから、ふきどりもちと呼ばれるきな粉餅。この“ふきどり”は“吹きどり”と書き、強い吹雪にまみれる様相を示しています。

もちろん、味つけは今も昔もほぼ変わらないのですが、違いがあるのは砂糖の種類。かつて白砂糖が高価だった時代には黒砂糖が使われていました。

こちらの料理記事もオススメです!