赤かぶの千枚漬け

漬物

冬になれば雪に包まれる津軽地方。

それゆえ畑で栽培される野菜は限られ、昔から冬から春先までの野菜不足を補う日常食として、赤かぶの千枚漬けは欠かせない存在でした。

秋の終わりに収穫した赤かぶを、だし昆布や酢、ザラメ等などを使って、たっぷりと樽で漬け込めば、色鮮やかな漬物ができあがり。

ほどよくしんなりすれば食べごろのサイン。甘酸っぱい味わいは冬の食卓を鮮やかに彩る存在です。

タイトルとURLをコピーしました