焼き物・炒めもの

あけびの皮味噌焼き

あけびの皮味噌焼き

◆料理の特長

初秋になると、ちらほらと果物店でその姿を見かけるのが「あけび」。紫色でずんぐりむっくりした外観と、中身の白い実と黒い種とのコントラストが印象的な果物ですが、一般的には白い実の部分を食べるだけとされています。

しかし、津軽地方では皮に味噌を塗って、浅めの鍋かフライパンに油を敷いて、両面を香ばしく焼いたものを食べていたそうです。

ホロ苦さがお酒に合い、香ばしく焼かれた焦がし味噌の旨みがご飯に合う一品。子供は中身を楽しみ、大人はホロ苦さを味わうという付き合い方も楽しいものです。