山菜料理

山菜と身欠きにしんの炒め物

山菜と身欠きにしんの炒め物

◆料理の特長

昔から津軽地方の食卓に欠かせない身欠きニシンと、津軽地方で豊富に獲れる山菜を炒めた一品。

熱で身欠きニシンからじわじわと染み出す脂や旨みを山菜がしっかり受け止め、野趣あふれる山菜の味と身欠きニシンの弾力から、津軽を囲む海の恵みと津軽の大地に宿る力を感じます。

元々、身欠きニシンは保存用に作られた食材。山で採った山菜をビン詰めや塩蔵にして保存するのも、雪深い北国ならではの食文化。そんな文化の一端を表す料理です。