ごぼうのでんぶ

煮物

◆料理の特長

津軽の食卓には、名前から作り方がイメージできない料理がいくつかありますが、“でんぶ”と呼ばれる料理もその一つ。もちろん、魚を細かくほぐして炒ったピンク色のあれもでんぶなのですが、ここでちょっと横においておきます。

素材を煮汁がなくなるまで煮含ませる調理を施し、特に野菜が主役の時に“◯◯のでんぶ”として呼ぶ津軽地方。その中でも代表格なのがごぼうのでんぶです。

太めの千切りにしたりささがきにしたりと、ごぼうの太さが家庭の味を決めるポイントの一つ。油で炒めたごぼうに、焼干しや煮干しの旨味たっぷりの出汁を煮含ませたら、醤油や砂糖などで味を整えて赤唐辛子をパラリと効かせます。

シャクシャクの歯ざわりから染み出すのは、ごぼうの甘味と魚出汁の旨さ。さっぱりした口当たりでしみじみおいしい一品です。

タイトルとURLをコピーしました